【PRODUCE48】日本人勢への感想

プデュ48始まったね!おもろーーーーー!

もう既に2話放送されたけど、これまでに感じたことをただ書いていくよ!

 

 

 

 

まず1話から。1話は事務所別等級評価。

 

 

 

AKB勢の評価ボロカスだったね。薄々分かってはいたけど、本当に途中見てられなかった…。それで改めて気づいた、少なくとも48Gのファンや運営は、誰も歌とダンスのスキルを求めてないんだよ。求められないんだから、誰もそこを追求なんてしない。中には人気メンバーもいたし、そりゃこのやり方で人気があるんだから、48Gの子たちもこれでいいんだ!と思うよなぁ。韓国人練習生を見た48Gの子が

 

「私たちはダンスを揃えたりよりも、愛嬌の方が大事」

 

と言っていて、確かにそんな感じだよな…と思ったよ。まあ、それ外野が言うならアリだけど、当事者が言っちゃう?感あったけどね。それ自分らが出来ない言い訳してんな?と1話では若干キレてましたよ、私。だけどこのあと話すけど2話を見ると、なんかもう…涙。

 

 

その後も等級評価は続き、48Gは韓国人練習生のスキルの高さと自分たちのレベルとの違いに圧倒されまくり。それでまた思ったんだけど、48勢は、自分らもスキル面で負けてないって思ってる子は全然いなかったよね。明らかにダンス歌のレベルは韓国勢の方が上ってみんな思ってた。だから、自分たちが歌ダンス出来てないな…ってことは分かってんだなあ…って。出来てないのは分かってる上でアイドル活動してると思うとなんか、辛かった。

それで、 いや!私たちは別に歌ダンススキル要らないんで! って思ってるんなら全然、私も辛いなんて思わないよ。48勢の子たち、口では愛嬌の方が大事なんで〜って言いながらしっかり傷付いてるの。本当にどうでもよかったら傷付かないもんな。だから見ていて辛かったよ私は。

 

 

 

 

続いて2話。

いやーーー!2話も面白かった!2話は等級評価の続きと、課題曲내꺼야 レッスン。これがまた涙!!!毎シーズン定番の母テレフォン召喚はマストで泣けるとして、レッスンの様が!!!やばい!!!!!

 

3日で課題曲を覚えないかんから、みんな思うように行かなくて、悔し涙!白間美瑠ちゃんはBクラスだったけど、思うように振り付けを覚えられず、泣いてたね。でも、ステージ見た感じ、Bから落ちたっぽいな?特に胸が苦しかったのは

 

咲良「レッスンを受けるのが楽しみ」

さほ(岩立)「人数が多いので自分のことは自分でやらなきゃいけない」

 

 

このシーンかな!(ピンとこない人は自分で見て)マジでちゃんとしたレッスン受けてないんだな48勢…。さくらたんは、ヴォーカルのソユ先生に「やれば出来るじゃない!」って褒められてたよね。いやほんとそれよ!私もソユ先輩と同じこと思ったよ!(正直、さくらたんそんなに歌上手いか…?とは思うけど、)ちゃんとレッスン受けさせてあげれば、出来る子だっているはずなのに、それをさせる気がねえんだな!48勢の運営は!!あんなに儲け散らかしてんだから、受けさせてやれ!!!

 

まあでも、岩立さほちゃんが言ってた通り、48Gは本当に人数多すぎて全部に細かいケア出来ないんだろうな…。なんか頭数だけ増えてる感は否めないけど、あの大人数に良質なレッスンを与えるのはきついかあ…。当人も人数多すぎて構いきれないって思ってるんもんな。だから今回のレッスンで、もうダンス覚えた子が教えたり絆がある様子が見れたのは感動しました。涙

 

 

韓国人練習生も、48勢もみんなだけど、「ああ出来ない…」って悔し涙流し、出来なくていいや〜なんて思ってる子は全然いなくて、みんな少しでも振り付け覚えて、歌えるようになりたい!って思ってたのがマジで胸熱だった。